シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

公認心理師でシングルママの情報発信ブログです♪ 不登校気味の娘やお金ことなど、尽きない悩みを力強く乗り越えたい♡

【京都】鞍馬寺は部分紅葉♡いざ、パワースポットへ!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

この週末、京都のパワースポット鞍馬寺に行ってきました♡

 

午後にサクッと行ったのですが、部分的に紅葉しておりとっても素敵だったのでご紹介します。

 

天狗伝説があったり、牛若丸こと源義経が子供の頃にお勉強や武術の稽古をしたといたといわれる鞍馬のお山。

 

パワースポットとしても有名なので、お楽しみください♡

 

 

鞍馬山の入り口

 

鞍馬寺鞍馬山にあります。

 

鞍馬山中にこ〜んな感じで(↓)お堂や神社が点在しており、歩いて回るといい運動になります😀

 

ヒールで来ている人も結構いましたが、山道なので運動靴がオススメです👟

 

お山の入り口は、最寄駅の叡山電鉄鞍馬線『鞍馬』駅からすぐ。

 

約200mのところに仁王門があります。

 

紅葉している木はしっかり紅葉してるでしょ🍁

 

 

入り口で入山料(愛山費)300円を支払い、お山の中に入ってきます。

 

階段が多いよ〜。

 

 

登るのは大変そうなのでケーブルで

 

上まで登るのは大変そうなので、横着をしてケーブルを利用💓

料金は大人200円、小学生100円です。

 

ケーブルの名前は『牛若』💓

 

ケーブルは20分に1本出ていて、すぐに山上駅に着きます。

 

 

本殿金堂

 

ケーブルの終着駅から本殿までは再び歩き。

 

距離は456mほどありますが、道はなだらかな登り傾斜で舗装もされているので、気持ちよ〜くお散歩です。

 

 

最後にちょっと急な階段を登ったら 

(ちょっと山城っぽい感じ ↑)

 

本殿金堂に到着!

 

見晴らしもいいね〜☀️

 

中心道場である本殿金色堂前の敷石は『金剛床(こんごうしょう)』と呼ばれていて、金剛床の上に立つと宇宙のパワーを授かるらしい🪐

 

もちろん私も立ってみました。

宇宙のパワーで家内安全といけるか!?

 

内部は撮影禁止だったので撮れなかったのですが、外側のちょうちん(?)もいい味を出しています😀

 

 

次回は貴船神社も♡

 

帰りはそのまま、歩いて下山したのですが、実は鞍馬山からはもう一つのパワースポット貴船神社まで歩いていけるんです。

 

本殿から、さらに奥に入り

牛若丸が16歳で奥州に下る際、名残を惜しんで背比べをしたと言われる『背くらべ石』や

やはり牛若丸が跳躍の練習をしたといわれる『木の根道』

義経堂』をまわり混んでいくと貴船神社に出ます。

 

今回は相変わらず娘が午前中ダウンしていたので、午後からのお出かけでしたが、次回は是非、午前中から活動して、鞍馬寺貴船神社を一日で巡りたいです♡

 

 

鞍馬寺の基本情報

 

鞍馬寺宝亀元年(770)、鑑真和上の高弟・鑑禎上人が毘沙門天を祀ったことを起源とする寺です。

 

 

ああっ!

Googleマップを貼り付けたら、単なる山になってしまいました💦

 

アクセス

最寄駅は、叡山電鉄鞍馬駅です。

京都バスでも行けますが、貴船・鞍馬方面へ行くのは1時間に1〜2本なので要注意。

 

時間&入山料

入山できるのは、午前9時から午後4時30分までです。

入山料(=愛山費)は300円。お安めだと思います💓

 

御朱印

御朱印は、手持ちの御朱印帳に記帳してもらう場合は300円。

お寺でご用意の紙に書いてもらう場合は700円です。

 

私はスタンプ帳(行楽地などで押す用の手帳)を持っていたので、一瞬

『300円でスタンプ帳に御朱印をもらおうかな😙』

と思ったのですが

御朱印はスタンプラリーではありません』

と書かれた張り紙を見て怖気付き、断念しました😅

 

 

おわりに

 

晴れた秋の日の鞍馬寺は、ホントに気持ちよかったです。

山の中ではあるんですが、道は整備されている部分も多いので、小さなお子さん連れでも大丈夫。

幼稚園から小学校くらいのお子さんたちも、ちらほらいました。

 

外国人観光客の方々も、コロナ前ほどではありませんが、そこかしこで見かけましたよ💓

『円安だし、入国しやすくなったし、とりあえずJAPANに行っとく?』

みたいな感じなんでしょうか。

 

次回はお隣の貴船神社も一緒に制覇したいです。

ではでは

 

♪このブログは、『はてなブログ』で運営しています♪

♬ぜひ、読者登録お待ちしてます♬

 

記事を更新した際には、ツイッターでお知らせします♪

♬お気軽にフォローしてください♬