シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

シングル、ワーキングママの情報発信ブログ。日々の生活、中学受験や資格取得のお話しなど。

東京ディズニーリゾート、8月分のチケット争奪戦に敗北。販売サイトにアクセスするも、まったくつながらないままチケットが完売(涙)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

7月1日からディズニーランドとシーの営業が再開されました。

しばらくは日付指定のチケットをゲットしている人のみ入場可能で、すでに7月分のチケットは先行予約で完売です。

 

そんな中、7月1日(水)午後4時から、8月1日~8月7日分のとランド&シーのチケット予約が開始されました。

 

今回は、その戦線に参戦して大惨敗したお話です(^^;)

 

メリーゴーランドのイラスト(遊園地)

 

 

悪夢のはじまり

 

関西在住のわたしは、最初はま~ったく、今のタイミング(入場者を絞っており、コロナのリスクが残る状況)で東京ディズニーリゾートに行きたい、行こう!とは思っていませんでした。

 

しかし『ディズニーランドとディズニーシーが営業再開!』のニュースが、6月の終わりから、あちこちのテレビ・ニュースで流れ出しました。

 

それをみた小6のわが子が

『絶対、行きたい!

なにがなんでも、行きたい!

衝動が抑えられない!』

とにわかにソワソワ。

 

ちなみにわたしは、20代前半まではディズニー大好きで、時間とお金があったら通っていたのですが、25歳ころから憑き物が落ちたように熱狂的な興味がなくなり、今に至ります。

 

今は、『どちらかというと好きかもしれない』けど、まあ、子供が行きたがるので、たま~に(2年に1回くらい?)『じゃあ行こうか~』となる程度です。

関西からだと、莫大な費用がかかりますしね。

 

今回はディズニーに行きたがる子供に、『そのうちすいてくるから、そうしたら行こう』と何度も諭すも、子供は粘る粘る。

 

面倒になったわたしはついに

『わかった。7月2日午後4時から開始の予約申し込みで、予約できたら行こう。

学校がまだあるから、日程は8月1日(土)、2日(日)限定で。

かなりチケットは取りにくいらしいから、自分で運試し、してみなさい。』

と言ってしまったんです(^^;)

 

午後4時は、わたしはまだ仕事中だし、子供は学校から帰ってきている時間なので、『自分でアクセスしてみて、世間の厳しさ(?)を知ってもらおう』という思いもありました😗

 

前日までにチケット予約に必要なIDを取得し、パスワードを設定。

 

子供にIDとパス、チケット購入サイトへの行き方を教えて、2日の午後4時に備えました。

 

 

iPadを連打

 

7月2日の午後5時過ぎ、家で子供をみていてくれている私の母からラインが入りました。

『〇〇ちゃん(子供の名前)が、何かに憑かれたようにiPadを連打している。何をいってもやめない』

とのこと。

 

あわてて帰宅すると、まだ子供は、こんな画面や

 

f:id:ponchan-club:20200702230355j:plain

 

こんな画面と格闘していました😢

 

 \グルグル〜、グルグル〜🌀/

f:id:ponchan-club:20200702230343j:plain

 

選手交代

 

あまりに必死にiPadをたたき続ける子供の姿をみて

『こりゃ~いくらなんでも、メンタル面でもフィジカル面でもヤバイだろう』

と思い、円満に離脱させるために

『これからママがしとくから』

iPadを取り上げました(-"-)

 

その後、わたしの方で、ボチボチ用事をしながら、iPadでアクセスを試みていたんですが、まあ、つながらない、つながらない。

 

この画面(↓)が、夢に出てきそうなくらい出てきました。

 

f:id:ponchan-club:20200702230355j:plain

 

その日は結局つながらず、朝4時過ぎに目が覚めたので、ためしにアクセスしてみると

 

f:id:ponchan-club:20200702230352j:plain

 

メンテナンス中でした。

 

再開は7月2日(木)の午前5時。

 

 

メンテナンスを経て翌朝5時に再開

 

もう、うんざりしていたのですが、気力を振り絞って朝5時ピッタリに、再チャレンジ。

案の定、まったくつながりませんでした(あ~あ)。

 

通勤途中に、念のために見てみると、つながりはしたのですが、すべての日程で完売していました(↓)💦

f:id:ponchan-club:20200702230400j:plain

 

 

おわりに

 

さすがに子供は、わがまま、無茶を言い過ぎたと思ったのか、わたしやおばあちゃんに、『いろいろやってくれてありがとう』と言っていました。

 

しかし、チケットが取れなかったのが、かなりくやしいらしく

『なんで遊園地なのに子供優先にしてくれないの!大人だけの人は行かなくていいやん!』

とボヤいていました。

 

今回の件で、人を惑わすディズニーランドの恐ろしさを、改めて実感しました 。

 

これから、数年前に買ったディズニーリゾート本で一番気に入っている 堀井 憲一郎さんの『東京ディズニーリゾート便利帳』を読んで、戦いの疲れをとり、気持ちを落ち着かせようと思います♡

 

f:id:ponchan-club:20200702230410j:plain
f:id:ponchan-club:20200702230341j:plain

 

この本、5年前に書かれたもので、新しい版は出ておらず、そのため最新の乗り物は反映していません。

 

また、やたらと字が多いので、ディズニーリゾートのガイドブックとしては、あまり役に立たないんですが、『おじさんのエッセー』と思って読むと、おじさん視点のディズニーが、面白しろおかしく書かれていて楽しめます。

 

白雪姫と七人のこびと』、青リンゴで殺される白雪姫の視点で、恐ろしい場面を追体験する乗り物

 

とか、一度行ったことのある人だったら、思わず『そうだった、そうだった。』と思ってしまう内容。

 

『小さい子供を連れているときぐずらせずにまわる方法』など、ニッチな内容も盛りだくさん。

 

100%ディズニー好きの人が書いた、キラキラした旅行記やガイドにうんざりしている人は、是非、パラパラ見てみてください♡

 

『素直にはしゃげないのは、自分だけじゃないんだ~』と、ちょっとホッとするかも。

 

では、今日はこのあたりで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!