シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

シングル、ワーキングママの情報発信ブログ。日々の生活、中学受験や資格取得のお話しなど。

星野リゾート進出で、大阪の超ディープゾーン新今宮は変わるのか?【星野リゾートOMO7】

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

大阪近辺の市民を仰天させた星野リゾートが大阪の超ディープゾーンに新しいホテルを建設する」というニュースを聞いてから、はや2~3年。

 

久しぶりに新今宮付近を通りかかると、まさにホテル工事の真っ最中。

 

もともと空いていた土地のスペース(建設予定地)も広かったし、かなり大掛かりな工事です。

 

  \JR新今宮駅のホームから撮影 /

f:id:ponchan-club:20200806215238j:plain



 ↑ 星野リゾートのホテル建設中です♡

 

そこで今回は、土地や開発には全く素人の私ですが、星野リゾートの進出で、ディープな新今宮はどうかわるのか!?」ということを大予測してみました!

 

結論としては、治安の超悪かったころのニューヨークみたいに、ゴージャス&キラキラな部分と危ないところが近接する、路によって全く異なる姿がみえる街になるんじゃないかな~と思います。

 

 

星野リゾート新今宮にくる

 

JR環状線新今宮駅のすぐ横に、だいぶ前から約1万4000平方メートルほどの広~い空き地がありました。

 

大阪市の市有地です。
もともと公園用地として取得したようなのですが、その後、一時的に使われた以外は放置されていました。

 

そうした中、大阪市がホテルを主な用途とする商業系施設の開発事業予定者を募る公募を実施。

星野リゾートが提案したホテルの建設計画が採用されました。

 

工事は2019年6月に着工して、2021年11月に完成予定。

今のところ、部屋数は436室で、2022年4月開業の予定です。

名称は「星野リゾート OMO7大阪新今宮」!

 

イメージ図 ↓

f:id:ponchan-club:20200806215617j:plain

 

 

新今宮ってこんなところ

 

JR新今宮関西空港USJ、奈良へのアクセスがとっても便利で、関西観光にはもってこいの立地です。

南海高野線もJRにクロスするようにして走っており、南海新今宮駅もすぐ横にあります。

 

ちなみに、ホテル建設予定地は浪速区にありますが、道路をはさんですぐが西成区になります。

 

\新今宮駅 /

f:id:ponchan-club:20200806215619j:plain

 

JR新今宮駅の北東側には、浪速区のシンボルである通天閣がそびえ、JR新今宮駅のっぽビルで有名なあべのハルカスも近く、新今宮駅からはっきりみえます。

 

\新今宮駅付近からみたあべのハルカス /

f:id:ponchan-club:20200806215625j:plain

 

その一方、線路をはさんですぐのところには、2019年4月まで開館していた「あいりん労働福祉センター」という就労斡旋施設の建物があります。

 

\労働福祉センター/

f:id:ponchan-club:20200806215627j:plain

 

今は閉館しており、壁に沿ってホームレスの人たちのテントが並んでいます。

 

そうなんです新今宮には、全国最大規模の日雇労働市場があり、求職者や仕事をあっせんする業者や、超安くで泊まれる簡易宿泊所なんかが随所にあるんです。

 

こうした福祉や生活保護関係の案内も、街のあちこちでみかけます。

f:id:ponchan-club:20200806215628j:plain

 

下の写真はJR新今宮駅のホームから撮影した看板なんですが、和・洋室シングルで1700円からって、激安~。

 

f:id:ponchan-club:20200806215631j:plain

 

こうした地区の目の前に、高級リゾートホテルのイメージが強い星野リゾートがホテル建設!ということで、大阪近辺の人たちはびっくりしたわけです。

 

 

昔のイメージほどは怖くない!?

 

私の勝手な個人的イメージで申し訳ないんですが、「新今宮」というと「怖い」というイメージがありました。

 

たぶん、それはあいりん労働福祉センターが閉鎖されるときに、200名以上の警察官が出動したのが衝撃的な映像とともにニュースになっていたり、1960年代にあった暴動で死者が出たり、パトカーや電車も破壊され、逮捕者も100名以上だったとか(念のため、直接は知りませんよ~)聞いていたりするからかもしれません。

 

そして、すぐ近くに西日本最大といわれる違法薬物が売買されている地区があったり、遊郭だった飛田新地(今でもそんな感じ?)があったりするからということもあるでしょう。

 

10年、20年前になりますが、違法薬物の利権をめぐって、反社会的勢力の人たちの対立も激化したこともありました。

 

けっこうディープ&デンジャレスなんですよ~。

 

新今宮界隈にある大正時代に遊郭だった建物を使った料理店「鯛よし百番」です。

f:id:ponchan-club:20200806215655j:plain

 画像引用元:ぐるなび

 

しかし、よくよく思い返してみると、ここ1~2年は、安い宿を求めての外国人バックパッカーが目立って増えていました。

 

また、日雇い労働の町というイメージでしたが、最近、行政機関の人に聞いたところでは、リーマンショック以降、稼働層が生活保護へ移行しており、福祉の街になっているとのこと。

 

それに伴い、簡易宿泊所もアパート転換して福祉住宅化したり、バックパッカー御用達の外国人安宿化しているらしいです。

 

\日雇い労働の人にお役立ちなべんりちょう/

f:id:ponchan-club:20200806215656j:plain

f:id:ponchan-club:20200806215657j:plain

 

私がぼんやりしているうちに、ここ数年で、かつて(だいぶ以前?)の暴動とかいった荒々しいイメージから、福祉等といったマイルドな方向に町の様相は変わってきてはいるようです。

 

 

駅前は劇的にかわりそうな予感

 

こんな高級リゾートとは、まったくかけ離れたイメージの新今宮だったんですが、駅のう隣の広大な土地に、素敵なガーデンエリアがあるホテルができるとなると、少なくとも駅前周辺は、すご~く変わると思います。

 

  \画像引用元:星野リゾートHP/

f:id:ponchan-club:20200806215658j:plain

 

しかし、そうしたキラキラ部分のすぐ近くに、ディープで危ない雰囲気の場所は残るんじゃないかな~。

 

10代の頃、治安の悪かったニューヨークに遊びに行ったとき、持っていたガイドブックの地図が一部白かったのを覚えています。

説明に、「ここ(白い部分)は、スリルを求めて安易に旅行者が立ち入る場所ではありません。立ち入らないでください。」と書かれていました。

 

新今宮周辺も、そん感じになりそうな予感がしています。

うまく、大阪というかアジアの魅力満載な場所になるといいかも~。

 

近い将来そうなったら、関西以外の人は、是非、泊りがけで新今宮に遊びに来てくださいね。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!