シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

シングル、ワーキングママの情報発信ブログ。日々の生活、中学受験や資格取得のお話しなど。

【ふるさと納税】今年分は、12月初旬までに寄付しよう!ラスト・スパートです!ふるさと納税、わたしの推し米ベスト・スリー♡

こんにちは!シングル・ワーキングママのぽんちゃんです♡

 

みなさんは、ふるさと納税、されていますか?

総務省の指導で、お礼品が全般にショボくなったり、大阪の泉佐野市などの4市が除外されたり、今年はいろいろ暗い話題もありましたが、まだまだ楽しめる制度だと思っています。

 

今年分はそろそろ、申し込みのラストスパートに入る頃です。

そこで今回は、ふるさと「駆け込み」納税の注意点とともに、ふるさと納税を始めてはや数年、その間、ふるさと納税でコメ(と肉)を返礼品としてたのみ続け、最近数年は一度もお米を買ったことがないわたしの、ふるさと納税での推し米ベスト・スリーを発表します!

 

 

 

 

ふるさと「年末駆け込み」納税の注意点

 

ふるさと納税は、お礼品のゴージャスさもさることながら、寄付金控除での税の軽減も、すご~く大きな魅力です。

 

税は年度ではなく、1月から12月までを1年として計算されるため、今年一年の所得に対する税の軽減を受けようと思うと、今年の1月~12月中にふるさと納税を行わなくてはなりません。

今年の所得に対する税の軽減が受けられると、翌年の6月からの個人住民税などに反映される仕組みです。(控除上限額−自己負担2000円分、税金が安くなる♡)

 

今年の所得についての控除対象となる「ふるさと納税」は、受領証明書に書かれている受領日(入金日)が今年の12月31日まででないとダメなんです。

 

そして、12月31日に申し込んで入金するのは、なかなかのハイリスク。

31日中に処理が終わらないと、今年の寄付金として処理できなくなります。

(まあ、来年分には反映されますが・・・)

 

そして、12月後半は、申し込みも殺到する時期!

クレジットカードで即日決済するにしても、自治体によっては処理に時間がかかるのを見越して12月早めに〆切を設定しているところもあります。

 

なので、遅くとも12月初旬頃までには、今年分の控除枠を使い切っちゃいましょう!

 

納税する人のイラスト(女性)

 

ふるさと納税の仕組みや、「わたしの収入では、いくらまでだとお得?」といったシュミレーションについては、わたしもよく使う「ふるさとチョイス」の説明が分かりやすいと思います。

ふるさと納税とは? | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

 

そういえば、わたしがふるさと納税を始めたばかりの頃、控除金額の上限が、わたしが思っているのであってるか不安になり、市役所の人に確認にいったところ、「「ふるさとチョイス」でシュミレーションしてください。それと同じです」といわれてしまいました(^^;)

 

 

わたしの推し米・ベスト・スリー

さて、いよいよふるさと納税のお礼品でいただく、私の推し米ベスト・スリーの発表です!

めっちゃ、個人的な趣味で選んでます♡

 

輝く第1位

佐賀県上峰町 から「さがびより」11kg

f:id:ponchan-club:20191031004830p:plain



画像引用元:ふるさとチョイス

 

無洗米など、いろいろ種類があるのですが、私は量が欲しいので、寄付金1万円で11kg(5.5kg×2袋)のものをお願いしています。

去年までは1万円で12kgだったのに、今年は(たぶん)総務省効果で1キロ減ってしまいました😰

 

このお米、住んでいる関西のスーパーではあまり見かけません。

ふるさと納税は貴重な入手なルートです。

甘くてもちもちで、香りもすばらしく、私のなかでは、ぶっちぎりの1番です♡

 

このお米に対する思い入れもハンパないです。

 

www.ponchan.blue

 

まだ、食べていない人は、是非、食べてみてください!

「ふるさとチョイス」からオーダー、じゃなかった寄付ができます。

 

www.furusato-tax.jp

 

 ちまたの評価もとっても高い第2位

 北海道岩見沢市の「ゆめぴりか」10kg

こちらも、1万円の寄付で10kgのものをいただきました。

 

ああっ!でも今、「ふるさとチョイス」で検索すると、わたしが注文したものはすでになく、10kg(5kg×2袋)1万3千円の「ゆめぴりか、ななつぼし食べ比べセット」などが出てきました!

 

1万円では、量が7kgと控えめでグレードの高そうなものも返礼品で出ています。

 

これはこれで試してみたいかも♡

 

通販サイトの画像ですが、 「ゆめぴりか」ってこんな感じです♡

 

 

 

この「ゆめぴりか」、ANA国際線のファーストクラスの機内食に出されているものということで、いたく好奇心を刺激され、お礼品としてお願いしたものです。

 

こちらのお米は、実際に炊いてみて、つやつやピカピカなのが、際立っていました。

さらに歯ごたえはモチモチでたまりません!

写真を撮っていなかったのが悔やまれます。

あっ、でも、わたしの写真撮影技術じゃ、つやつやモチモチ感は表現できなかったかも😓

 

お得感がハンパない第3位

岡山県吉備中央町の「こしひかり」 15kg

こちらは、なんといってもその量!

 

老舗ブランドの「こしひかり」でありながら、1万円の寄付で15kgというコスパの良さが魅力です。

 

でも、ちょっと前までは、1万円で20kgもらえてた気がします・・・。

またまた、ここにも総務省の影が・・・。

 

 

画像引用元:ふるさとチョイス

 

こちらの難点は、「こしひかり」だし、量は多いしということで、争奪戦が激しく、すぐに「受付終了」になってしまうことです。

 

わたしも「ふるさと納税」参戦初年度は、うわさを聞いてページを訪れてみると、とうの昔に受付終了になっていました。

その次の年からマメにサイトをチェックするようになり、なんとかゲットできるようになりました。4月ころから受付開始の年が多いようです。

 

わたしは今年の「こしひかり」は、4月22日に申し込みました。

申し込みの際に、送付月が10月~翌年8月まで選べるようになっており、10月に送ってもらいました♡

 

今年は5月31日で受付終了となっており、残念ながら、今の時点では申し込めません。

今年、吉備中央町に寄付し損ねた方、来年チャレンジです!

 

 

おわりに

ふるさと納税的には、総務省ショックでいろいろあった年でしたが、寄付した総額(収入等によって控除の上限が違うので、ここはしっかりシュミレーション!)-2000円(自己負担分)が、住民税などから控除され、さらにお礼品がたんまりもらえるなんて、やらない手はないと思っています。

 

わたしのまわりでも、ちらほら「住民税はやはり住んでいる市町村に、きちんと入るようにしないと・・・」というアンチふるさと納税もいて、その考えも充分わかります。

 

でも、近くのスーパーで売っていないない美味しいものが手に入るしお得なのに、そこに背を向けるなんて、わたしにはできません!

(←注:ふるさと納税は、食べ物ばかりではなく、工芸品とか特産物品もたくさんあります(^^;))

 

今年のふるさの納税の寄付は、わたしはすべて終わったのですが、来年も、ばりばり寄付しようと思います!

来年も、第1位の「さがびより」を軸に、いろいろな銘柄やお米以外のものも、試してみようと思っています。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました♡