シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

シングル、ワーキングママの情報発信ブログ。日々の生活、中学受験や資格取得のお話しなど。

【YouTube】子供の見過ぎ防止!視聴時間制限の設定方法のご紹介。You Tube Kidsのタイマーにもトライ♡【iPad&iPhone編】

みなさん、こんにちは!シングル・ワーキングママのぽんちゃんです♡

 

子供が大好きなユーチューブ。

現在、小5のわが子も大好きで、工作系の動画を中心に、ちょっとした空き時間があれば寸暇をおしんでみています。

ここで気になるのが視聴時間。

 

ユーチューブは、おすすめ動画として次々に子供の好きそうな画像が出てくるので、見るのをやめるのには、鉄の意志が必要。

視聴をやめるのは、子供にはハードルが高い行動です。

 

長時間の視聴で、視力が低下したり姿勢が悪くなるのが心配だし、ユーチューブ視聴に時間をとられて、ほかのアクティビティができなくなるのも親としては嫌だし・・・。

 

ということで、強制的に画面がみられなくなる、視聴時間制限を設定してみました!

今回は、その方法のご紹介です。

 

お子さんの長時間視聴が気になるけど、まだ、制限を設定していないという方に、ぜひ、読んでいただきたいです。

この視聴制限の方法、大人が自分で視聴しているときのリマインドとしても使えるので、是非、試してみてください♡

 

YouTubeの視聴時間制限、YouTubeのアプリ内で、一定時間ごとに休憩をお知らせする設定方法もありますが、今回は、より強力に制限しちゃいます♡

 

 

 

 iPadの設定でまずは視聴時間を確認

制限をかける前に、まずは現状把握。

「何時間、YouTubeを見ているかな~」ということを子供と一緒に確認してみましょう。

意外と多いのでは?

うちは、思っていたより多くて、びっくりしました(笑)。

 

現状を子供に自覚させ、きちんと決めた時間でやめるぞ!というモチベーションを高めましょう。

 

確認の方法は、iPad(以下、iPhoneも基本的に同じです)の設定→スクリーンタイム】にいきます。

このスクリーンタイム、iOS12から搭載されたようで、その前の機種の方、ごめんなさい(^^;).

 

すると、こんな画面が出てきます。

 

 

 

上のスクリーンショットの1時間58分が、iPadをさわっていた時間です。

画面上の「タップ」と書いたところをタップすると、下の画面になります。

 

 

ここで今日のYouTubeの視聴時間を確認できます。

今日一日分と【過去7日】が、切り替わるようになっていて、両方、みることができます。

 

 さてさて、現状が確認できたところで、いよいよ視聴制限の設定です♡

 

iPadの設定・スクリーンタイムで、YouTubeの視聴時間を制限しよう

 

 【設定→スクリーンタイム】画面(すぐ上の画面)で、YouTubeのマークのところをタップしたら、こんな感じの画面が出ます 👇

 

 

そして、【制限を追加】をタップすると、いよいよ時間設定の画面になります。

 

 

お好きな時間を設定します♡

わたしは30分にしました。うちの子が見ているYouTubeの動画は、1本が5分くらいの ものが多いので、30分あれば、けっこう楽しめるはず!

【使用制限終了時にブロック】というボタンがあるので、それを【オン】にしておきます。

これで、使用制限終了時にアプリを許可なく使用できなくなります。

今の設定だと、1日に合計30分、YouTubeをみたら、それで画面がロックされます。

 

この時間設定、曜日ごとにできるようになっています。

平日は短めで、休日は長めとかの設定が可能。

私はとりあえず、平日も休日も30分にしときます!

 

 

30分で時間制限しておくと、1日に合計30分視聴すると、下のような画面が出てきます。

スクリーンタイム・パスコードを入力すると、また視聴することができるようになるのですが、パスコードは保護者のシークレットにしておきましょう♡

 

画面がロックされると、YouTubeのアイコンは、灰色になっちゃいます(笑)

 

右下の部分ですね。

 

 パスコードを設定しない方法もあるのですが、スクリーンタイム・パスコードの設定は必須です!

スクリーンタイム・パスコードの設定方法

スクリーンタイム・パスコードを設定していないと、設定時間がきて、いったん画面がクされても、すぐにロック解除ができちゃうんですよ。

 

 

パスコードを設定していないときのロック画面が、上のスクリーンショットなのですが、【制限を無視】という不穏な文言が・・・。

実際に、【制限を無視】をポチッとすると、すぐに見れちゃうんですよね。

 

大人は、自分で設定して自分でリマインドとして制限する場合が多いと思うので、これでもいいんでしょうけど、子供はこれではね~。

制限してないのとおんなじやん!

 

ということで、パスコードの設定をします。

パスコードの設定は、【設定→スクリーンタイム】で、【スクリーンタイム・パスコードを使用】を選択します。

 

 

ここで、4ケタの暗証番号を入力。

これで完了です♡

 

 

You Tube Kidsのタイマー機能にも挑戦

ついでに、子供用のYou Toube、You Tube Kidsのタイマー設定機能もご紹介!

 

You Tube Kidsの画面はかわいいし、年齢によってアプリもある程度選択(制限)できるので、おすすめです。

 

 が、結論からいうと、タイマー機能は今一つでした。

「毎日〇〇分」というような設定ができず、タイマーをセットしたら、視聴している時間の合計ではなく、途中でYouTube視聴を中断しても、タイマーは進んじゃうようです。

子供的には、「あ~、損した~。まだ、20分しか見てなかったのに、もう時間切れ~」ですよね(^^;)

 

タイマーセットは、画面右下のちっちゃい【鍵マーク】をタップすると、こんな画面になります 👇

 

【タイマー】をタップすると、時間が出てくるので、それで設定しておしまい!

 

 

まず①時間を設定して、②【タイマーを開始】です。

超簡単でその点はいいかも。

 

 

時間がくると、こんなかわいい画面が出ます。

「時間だよ、またね!」だって♡

 

自分でいろいろさわれない、すごく小さなお子さんに短時間見せるのには、いいかもしれませんね。

 

 

おわりに

You Tubeは自分の趣味嗜好にあわせて、どんどんいろんな画像が出てくるので、大人でも視聴時間のコントロールは難しいと思います。

ましてや子供にとっては、超難しいですよね。

 

最初にご紹介したスクリーンタイムの時間制限機能、これは、強制的に画面がロックされるので、とても便利な機能だと思います。

画面がロックされることで、「ああ、もう自分は〇〇分見たんだ」と子供自身も自覚できますしね。

 

これまで私は、この機能を使ってこなかったんですが、自分のためにもリマインドとして使おうかなと思っています♡

大人の方にも十分お役立ちな機能かなと思います。

 

私はスマホはアンドロイドなのですが、アンドロイドでは、同じような機能があるアプリがあるようなので、また、そちらもためしてみたいです。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事が、なにかのお役に立てばうれしいです。