シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

シングル、ワーキングママの情報発信ブログ。日々の生活、中学受験や資格取得のお話しなど。

おうちのオーブンで陶芸しちゃおう。子供もお粘土感覚で手軽につくれる!【オーブン陶土】

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

今回は、『オーブン陶土』という土を使い、超手軽におうちのオーブンで陶芸作品をつくっちゃう方法のご紹介です。

本格的な陶芸と異なり土自体が扱いやすいので、お粘土感覚でキッズでも作品をつくれちゃいます♡

 

練らずに使える土を使って、大人も子供も陶芸しちゃいましょう!

 

    \子供とわたしの作品です♡/

f:id:ponchan-club:20200903232418j:plain

 

 

 

材料

 

今回使用したのは、『ヤコ』という会社の『オーブン陶土』

f:id:ponchan-club:20200903232414j:plain

 

同じくヤコのコート剤『Yu~』(ゆ~)

f:id:ponchan-club:20200903232552j:plain

 

家に転がっていたアクリル絵の具などです。

f:id:ponchan-club:20200903233132j:plain

アクリル絵の具は着色しない場合は不要です。

 

他には、陶土をこねるときの台にする粘土版、のし棒、ガーゼ、使っていないクッキー型(型を抜き取る用)などを使いました。

 

しかし、最低限、オーブン陶土とオーブン(電子レンジ機能ではないがあればできます!

 

 

作り方

 

実は今回、だいぶ前に子供が作った残りの陶土で作りました。

www.ponchan.blue

 

使いかけの陶土はすっかりカチカチになっていたのですが、捨てる前のタオルに水を含ませ、カチカチの陶土をくるんで、チャックで密封できるビニールに入れておいたら、1日で形成できるくらいの柔らかさに復活しました♡

 

 \水を含ませたボロタオルにくるんでしばし寝かす/

f:id:ponchan-club:20200903233800j:plain

 

陶土が復活したところで、いよいよ作ります。

 

 

1 陶土をのばす

 

まず、板にくっつきすぎないようにガーゼをしいて、のし棒で適度な厚さまで(5mmくらい)伸ばします。

 

f:id:ponchan-club:20200903232430j:plain

 

オーブン陶土は水を含ませると粘土よりベチャッとするので、板にくっつきやすいんです。

 

ガーゼをしいておくとはがしやすく、いい感じにガーゼの模様もつきます。

今回は、ガーゼが一枚しかなかったので、下にひいただけですが、もっとあれば陶土をサンドウィッチにするみたいにやると、のし棒も汚れなくていいと思います。

 

水については、ちょっと水を含ませないと子供には扱いにくいのですが、水分でドロドロになったら形成しにくいし、乾かすときに空間ができるのか割れやすくなるので、ちょっと含ませるだけにして、水が多すぎたら適度に乾かしながら形成していきましょう。

 

スプレーでシュッシュッと水をかけて様子をみながら形成したら、やりやすいです。

 

厚さを均等にしたい場合、左右に割りばしや板を2枚置くなどして、その上をのし棒を転がせば、むらのない厚さにできます。

厚さは5mmくらいが形成しやすく、焼いてもひび割れません。

 

f:id:ponchan-club:20200904003923p:plain

画像引用元:ヤコのホームページ 

 

 

2 好きな形をつくる

 

陶土が板状になったら、好きな形をつくります。

今回は、四角のお皿や丸のお皿、クッキー型で抜いて雪の結晶などを作りました。

 

このあたりは本当にお粘土感覚で、フリーに楽しみましょう💕

 

注意点は、慣れないうちは、できるだけ一つの塊から作ること。

 

 コップをつくる際、持ち手のパーツをくっつけると割れやすくなります。

パーツをくっつける場合は、空間ができないように、しっかりくっつけましょう!

 

丸皿のカーブは、ボウルを逆さにして底が上になるようにしておき、その上にガーゼをしいてくっつかないようにして、薄くした陶土をかぶせて上から両手でしっかり形づけると、きれいにできます♡

 

これです、これ ↓

f:id:ponchan-club:20200904004018p:plain

画像引用元:ヤコのホームページ
 

 

3 数日、乾燥させる

 

完全に乾燥するまで乾かします。

大きさにもよりますが、小物だと2日ほど、大物だと1週間ほど、完全に乾くまで乾かします。

 

『乾燥したかな~』と思ったときから、さらに1日乾燥させるといいと思います。

 

  \乾燥中。しばし待つ/

f:id:ponchan-club:20200903232432j:plain

 

 

4 オーブンで30~40分焼く

 

完全に乾いたら、いよいよ焼いていきます。

天板に並べて

f:id:ponchan-club:20200903232547j:plain

 

170℃で40分ほど焼きます。

f:id:ponchan-club:20200903232606j:plain

 

焼き上がりはこんな感じで、焼き物っぽい渋い色が出てきています♡

f:id:ponchan-club:20200903232544j:plain

 

 

5 カラーリングしたりコート剤を塗ったりする

 

土の色をそのまま生かした作品もいいですが、今回は一部、着色してみました。

 

庭にあった葉っぱでマスキングして色をつけたり

f:id:ponchan-club:20200903232542j:plain

 

普通に色を塗ったりして、色付けおわり!

 

f:id:ponchan-club:20200903232546j:plain

 

その後、着色したものも、していないものもコート剤『Yu~』を塗ります。

f:id:ponchan-club:20200903232530j:plain

 

コート剤は塗らなくてもいいのですが、食器に使う場合やツヤを出したい場合は必須です。

コート剤を塗ることで防水加工でき、食器として使うことができるようになります♡

 

 

6 オーブンで20分焼く

 

コード剤まで塗れたら、30分ほどコート剤が乾くのを待ち、110℃のオーブンで20分ほど加熱します。

 

f:id:ponchan-club:20200903232605j:plain

 

f:id:ponchan-club:20200903232520j:plain


 

7 完成!

 

着色したものや

f:id:ponchan-club:20200903232612j:plain

 

着色せずに、そのまま土のいろを活かした作品ができました! 

f:id:ponchan-club:20200903232540j:plain

 

上の写真のものは、すべて小6の子供が 作ったものですが、左上の器はビーズ入れにつかうということで、すでにビーズが入っています(^^;)

 

 

おわりに

 

このペンダントトップの白い物体は、わたしがクッキー型で抜いて作った雪の結晶のモチーフですが、家族の中ではもっぱら『海で一生懸命泳いでいるカメに見える』と評判で、すっかり『カメのペンダント』という風になっています(^^)

 

f:id:ponchan-club:20200903232607j:plain

 

オーブン陶土は、わたしはネット通販でのし棒等と一緒のセットで購入しました。

 

のし棒やら5mmの厚さのたたら板やら、細工用のナイフなどがついていてよかったのですが、『ちょっと捏ねてみようかな』という方は、まず陶土1袋の購入から始められてはいかがでしょう。

 

 

もうすぐ秋になります。

おうちのオーブンで陶芸家ごっこしてみるのも楽しいんじゃないでしょうか!?

是非、トライしてみてください♡

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!