シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

シングル、ワーキングママの情報発信ブログ。日々の生活、中学受験や資格取得のお話しなど。

【チュールリボン・スカート】針も糸も使わないから、小学生なら1人でつくれる。ハロウィンにもおすすめ!

みなさん、こんにちは!

ワーキングママのぽんちゃんです。

 

今日は、針も糸も使わないで作れるチュールリボン・スカートの作り方をご紹介します!

下の写真のスカートは、夏休み中の暇つぶしに、小5女子の私の子どもが、大人の援助なく一人で作ったものです。

f:id:ponchan-club:20190901220618j:plain

 

 

はじめに

私は日中は働いており、子どものお世話は、昼はおばあちゃんにまかせています。

長い夏休み、子どもも目新しいものを求めがちです。

でも、遠くに出かけるのは、金銭的にも、私やおばあちゃんのスケジュール的にも難しいので、子どもが工作好きであるのをいいことに、100均や手芸屋さんで子どもの欲しがる工作材料を購入し、一人で工作して遊べるように仕向けています(笑)。

 

お勉強は、山ほどすることがあるのに遅々として進まず、です。

地道にお勉強してくれたらいいんですけどね・・・。

なかなか、そうはいきません・・・。

 

今回のスカートは、子ども曰く、塾の勉強がとても難しくてしんどいので、合間に軽~くコスプレして気分転換するために作ったとのことです。

気分転換が必要なほど、勉強しているようにはみえないんですが・・・

 

それはさておき、今回のスカートは、とっても簡単に作れるので、これからの季節、ハロウィンの仮装にも、とってもおススメです!

 幼稚園児さんでも、ちょっと大人の手伝いがあれば、遊びながらスカートを完成させられると思います!

Let’s Try!

 

材料

材料は2つ。

①ウエスト部分に使うゴム と、②チュールリボンです。

 

①ウエスト部分に使うゴム

f:id:ponchan-club:20190901221735j:plain

私は、自宅にあったので3センチ幅のゴムベルトを使いました。

長さは、お子さんのウエストに合わせてください。

エストサイズにプラスして、輪っかにするので張り合わせる部分が必要です。

うちの子は、55センチほど使いました。

 

このゴムの幅ですが、もっと狭くでも大丈夫ですが、あまり幅が狭すぎると着用した時の安定感がなくなるかも。

そこそこの幅でお願いします!

 

今回は購入していなかったので、ゴムベルトのお値段を調べてみたのですが、ネットでみたところ、3センチ幅のゴムベルト、5m巻で864円という高い(!)お値段でした。

しかも、5mもいらないし・・・。

 

ということで、お家に適当なゴムがない方は、後でご紹介するチューブバンドを使うのが、よりおしゃれでおススメです!

 

チュールリボン

f:id:ponchan-club:20190901221759j:plain

近くの手芸用品店で2巻購入しました。

少し大きめの手芸品店だと、どこでも売っていると思います。

1巻 幅15センチ × 長さ10メートルで、

星のキラキラ入りは 600円(税抜)

単色キラキラなしは 480円(税抜)

でした。

 

スカート作成には、1巻では足りず2巻必要です。

今回は作成後、それぞれ2メートル強、残っていました。

この残りは、スカートとおそろいの髪飾りを作成したり、子ども用かばんをデコッたりするのに使えます!

 

色は子どもの趣味で、紫&白の組み合わせにしました。

お店にいくと、赤やオレンジ、はたまた黒など、カラフルなラインナップになっていたので、ハロウィン衣装にも使えます♡

オレンジを基調にしたらかぼちゃ、黒だと魔女かな?

 

作り方

針も糸もつかわず、超簡単です!

 

①ゴムを手芸用接着剤で張り合わせて輪っかにする。

 うちの子は、手芸用のアロンアルファを使いました。

 大人が手伝えるのだったら、輪にする部分は縫ってあげてもいいかもしれませんね。

 けっこうゴムが分厚いので、子どもが縫うのはちょっとしんどい・・・。

 

②チュールリボンを切って短冊状のものを、合計20本つくる。

 長さはお好みですが、使うときには2つに折った長さになります。

 本数も、ゴージャスにするのだったら、もっと増やしてください♡

 今回の写真のスカートは、長さ70センチに切りました(子どもの身長は140cmくらい)。

 紫 70センチ × 10本

 白 70センチ × 10本

 つくりました。

 

③チュールリボンを真ん中で2つに折って(35センチの長さにして)、輪にしたゴムにくくりつけていく。

 

 2つに折ったチュールリボンを、輪になったゴムにとおし、

f:id:ponchan-club:20190901224637j:plain

 

上にできたリボンの「わ」の部分に、リボンの先をとおします。

f:id:ponchan-club:20190901225100j:plain

 

そして、ひきしめて形をととのえます。

f:id:ponchan-club:20190901225128j:plain

たったこれだけ!です。

ねっ、ねっ、幼稚園児さんでもできそうでしょ?

 

今回作ったバージョンは、紫と白を交互に結びつけていったのですが、単色でもいいし、色をランダムに並べても面白いと思います。

 

チューブバンド編

さて、幅が広めのゴムベルトが家にない場合、どうするか?

 

チューブバンドでいきましょう。

下の写真のチューブバンドは、480円(税抜)です。

f:id:ponchan-club:20190901230840j:plain

チューブバンドもいろいろな色が取りそろえられているので、スカート部分の色とあわせて考えるのは楽しいですよね♡

このチューブバンド、柔らかいので子どものウエストなら十分に入ってずれもしません。

 

これは、行きつけの手芸屋さんに見本で出てきたものです。写真撮影OKとのことだったので、撮らせてもらいました♡

 

f:id:ponchan-club:20190912215538j:plain

 

チューブバンドの一番下の部分に、チューブリボンが止めてあります。

f:id:ponchan-club:20190901231242j:plain

下から2段目に止めても、ちぎれにくくて安定していいと思います。

 

おわりに

ひらひら仮装用スカートは100均にもあるし、ちょっと豪華なものでも500円で売っていたりします。

それに比べれば、このスカート、材料費がけっこうかかってしまいます。

 

しか~し、子どもが自分で色を選び、頑張ってつくったスカートへの愛着はひとしお。

うちの子も、100均で買った仮装&コスプレグッズは、イベントが終わるとぞんざいに扱っていますが、自分でつくったものは、部屋に飾って大事にしています。

ものをつくる楽しさを味わい、つくったものを大事にする喜びを味わうためにも、是非、つくってみてください♡

 

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

おわかれの画像は、私が愛用しているカメ型メジャー(カメジャー)です。

このメジャー、お腹を押すと、シュルシュルッとメジャー部分が引っ込みます♡

f:id:ponchan-club:20190901232412j:plain