シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

『楽しい生活』が信条♡公認心理師でシングルママの情報発信ブログです。起立性調節障害の娘との生活、お金の話など生活に密着した話題をお届け♡

『怒らない、怒らない。平常心、平常心』と自分に言いきかせてみる

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

現在、娘は中1。今週から中間テストが始まります。

 

もうすぐ中間テストだというのに

 

娘にとっては人生はじめての定期テスト

ドキドキしながら頑張って勉強しているかというと、これが全然なんですよ~💧

昨日(日曜日)も、ソファでのんびり好きな工作系&料理系の You Tube をみながらダラダラし、お菓子をつくり、たまにちょこっと宿題をする程度。

 

緊張する必要はないとは思うのですが、もう少~しシャキッとできないものか。

 

はじめての中学生活、はじめてのテストということで、本人も不安は覚えているのでしょうが、はた目には全く気合も緊張も感じられません。

本当にもう少し、なんとかならんかいな~と思ってしまいます。

 

というのも、娘は起立性調節障害という自律神経機能が上手く働かない病気で、朝というか午前中がまるでダメ。

そのため、学校の遅刻がめっちゃ多いんです。

 

www.ponchan.blue

 

出席点がイマイチで、授業を欠席しがちで抜けているところも多いであろうから、親としてはペーパーテストの準備をしっかりして、少しでも平常点をカバーして欲しいのですが・・・。

カバーどころか、今の状態だと『問題の意味、わかるんかい』なレベルにママからはみえます💧

 

起立性調節障害は、頭への血流もまわりにくくなるので、集中力も落ちるそう。

 

『勉強に集中しにくいのは、病気のせい』と頭では分かっているのですが、娘をみていると本当にイライラしてしまいます(--;)

 

イライラのもとは私の不安

 

そのイライラのもとには、私の不安があるんです。

 

『こんなに遅刻ばっかりして、机に向かっても集中力が持続せず、きっと勉強は遅れているに違いない』

『大事な中学生生活がこんなんでいいのだろうか』

『これが高校まで続いたら、学業的にも人間関係的にも、めっちゃまずいんじゃないか』

そんな不安が私の中で渦巻いているんです。

 

一方で娘は私から見ると、とってものん気にリラックスしているようにみえます。

 

きっと心の中では、娘もいろいろ不安なんだろうとは思います。

娘は先日、You Tubeを観る理由について『気持ちを落ち着かせるため』といっていました。本当にそうなんだろうなとは思います。

でもでも、分かっていてもイラッとしちゃうんです。

 

小児科の先生は

 

娘は小学校の一時期(小6の半分、いやそれ以上)、全く学校に行けなかった時期がありました。

それに比べると、全体的には回復傾向にあるのはあります。

 

先日、お薬をもらうために私だけで訪れた際、小児科の先生にも現状を報告しつつ、『中学生になり、あんなに遅刻していて、勉強もいまいちできておらず、大丈夫かと不安でイライラする』とお話ししました。

 

先生は、『すぐに完璧に学校にいって勉強して、というのは難しいので、中&高の6年かけて軌道にのせていくくらいの気持ちで』

『いま、いろいろいうと、本人を追い込むことになり、かえって病状が悪化する恐れもあるので、今はいろいろ言うのを我慢して静観です』

とおっしゃいました。

 

そうですよね。

ここは根性論ではどうにもならない部分です。

私がやいやい言ったとしても、できないものはできないんだろうし、ここで大切な親子関係がこじれては元も子もないですもんね。

 

イライラをコントロールするために

 

今、私が取り組んでいるのが、魔法の言葉をとなえること。

 

これは気持ちを抑え、自分自身を落ち着かせることができる言葉を、あらかじめ用意しておき、イラッとしたときにその『魔法の言葉』を頭の中で唱えたり、口に出してつぶやくという心理学のテクニックです。

アンガーマネジメントでもよく使われます。

 

私の場合、魔法の言葉は『平常心、平常心』『たいしたことない、たいしたことない』『大丈夫、大丈夫』などです。

 

イラッとしたら『魔法の言葉』を唱えてみる♡

 

また、怒りの感情が生まれてから理性が介入し、冷静になるまでには6秒ほどかかるといわれています。

6秒ルールといわれているものです。

怒りの感情がわきあがったときに6秒待つことができれば、反射的な言動を避けられます。

 

イラっとしたらゆっくり6秒数えて待つ!

 

数字を数えて6秒経過を待つもよし。

魔法の言葉を2~3種類となえていても、6秒くらいはやり過ごせます。

 

そんなこんなで、私は最近、一日何回も魔法の言葉を唱え続ける日々。

 

この2つの方法は、いずれも衝動を抑える方法として一般的なものなので、みなさんもよかったら試してみて下さい♡

熟練するほど効果が上がる方法でもあるので、気に入ったらしばらく続けてみて下さいね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

*この本(↓)はお医者さん著で、起立性調節障害のことが分かりやすく網羅的に書かれており、おすすめです♡