シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

シングル、ワーキングママの情報発信ブログ。日々の生活、中学受験や資格取得のお話しなど。

庭のブルーベリーが大豊作。子供とジャムを作ってみました♡【簡単ブルーベリー・ジャムの作り方】

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

うちの庭に、鉢植えの小さなブルーベリーの木があるのですが、今年はなぜか大豊作。

そこで思い切ってジャムを作ってみました♡

 

f:id:ponchan-club:20200808232327j:plain

 

いちごジャムはたまに作っていたのですが、ブルーベリージャムは初めての挑戦。

 

自宅栽培の実だし、うまくできるか心配だったのですが、40分くらいで完成し、お味も愛着と相まってか、おいしかったです♡

 

今回は、そんなブルーベリージャムの作り方をご紹介します。

 

 

 

庭のブルーベリーが大豊作

 

庭に鉢植えの小さなブルーベリーの木が1本あります。

土からの高さが70㎝程度の小さな木です。

 

そんなブルーベリーちゃんが今年は大豊作♡

去年までは、少ししか実がならなかったのですが、今年になり突然、たくさん実をつけました。

去年までと、特に変わったことはしておらず理由は不明です。

 

緑のツブツブがぜんぶ実です。

f:id:ponchan-club:20200808232456j:plain

 

鳥に目をつけられたので、食べられないようにネットをしつつ

 

f:id:ponchan-club:20200808232524j:plain

 

色づいた実を選んで、3週間ほど毎日、子供が地道に収穫しました。

 

一日の収穫量は少量ですが(↓)

f:id:ponchan-club:20200809001059j:plain

 

それを冷凍して貯めておくと、合計1キロ弱にまでなりました。

f:id:ponchan-club:20200808232457j:plain

 

実を取りつくされた後の鉢植えブルーベリーです。

ちょっと寒々しくなってます(^^;)

f:id:ponchan-club:20200808232402j:plain

 

 

ブルーベリージャムの作り方★所要時間30~40分 

 

材料は3つ

材料

★ブルーベリー

★砂糖(ブルーベリーの4割のグラム数)

★レモン(1個(1/2個でも可)

 

 砂糖はグラニュー糖が一般的ですが、今回は自宅になかったので、自宅にあった三温糖を使いました♡

 

ブルーベリーと砂糖の量ですが、砂糖はブルーベリーの約四割の重さで準備します。

今回私はブルーベリーが1キロ弱だったので、砂糖は400グラムくらい使いました。

 

レモンは味というよりも、とろみをつけるために使います。

 

ジャムがとろっとしているのは、フルーツに含まれるペクチンの性質のおかげなのですが、ペクチンが酸(レモン汁)と一緒に加熱されることで、ゼリー状になりとろみが出てきます。

また、レモン汁は発色もよくしてくれます。

 

レモン汁は、生のレモンを絞らなくても、『ポッカのレモン汁』とかでも、もちろんOKです。

量は大さじ1杯くらいかな。

 

水は使いません。

煮詰めているうちにブルーベリーから水分が沢山でてくるので、それで大丈夫です。

 

 

【1】ブルーベリーと砂糖、レモンの汁をお鍋に入れる。

 

ブルーベリーは冷凍のもの(庭の収穫物)を使いました。

冷凍ブルーベリーの場合、解凍せずにそのままお鍋に入れます。

 

生のブルーベリーの場合、水でさっと洗い、水気を切って鍋に入れます。

この時に、傷んだ実があれば取り除きます。

 

  \ブルーベリー投入!凍ったままで/

f:id:ponchan-club:20200808232423j:plain

 

 \砂糖投入!/

f:id:ponchan-club:20200808232336j:plain

 

上の写真、砂糖がちょっと茶色(三温糖の色)です。

 

 レモンは絞って

f:id:ponchan-club:20200808232356j:plain
f:id:ponchan-club:20200808232454j:plain

 

濾して投入!

f:id:ponchan-club:20200808232420j:plain

 

 

【2】ブルーベリーたちを過熱する。

 

最初は弱火で、水分が出てきたら中火で加熱します。

 

f:id:ponchan-club:20200808232336j:plain

 

焦げ付かないように、ぼちぼちかき回しながら過熱しましょう。

 

すぐにこんな感じに水分が出てきます。

f:id:ponchan-club:20200808232358j:plain

 

アクが出てきたらすくい取ります。

f:id:ponchan-club:20200808232436j:plain

 

このまま、お好きな硬さになるまで、水分をとばします。

冷めると硬くなるので、『ちょっとまだベチャッとしてるかな』くらいでいいと思います。

 

ぐるぐるかき回すのを忘れずに、特にお鍋の底の部分は焦げ付かないように注意しましょう。

 

 

【3】保存容器を準備する。

 

ブルーベリーを煮詰めている間に、保存容器を準備します。

 

保存容器にするビンなどプラス、ブルーベリーを容器に移すときに使うスプーンを煮沸消毒しておきます。

 

f:id:ponchan-club:20200808232434j:plain

 

耐熱ガラス容器でも、いきなり熱湯に入れると温度差で割れる場合があるので、水かぬるま湯状態から鍋の中に入れてください。

 

沸騰して約10分ほどで、鍋から容器を取りだし、清潔なふきんの上にビンの口を下にしておいて、水滴を落とします。

 

煮沸消毒はカビなどの発生を防ぐのに効果的なので、必ずしておきましょう。

 

 

【4】容器に移して完成!

 

いい感じブルーベリーの水分がとんだら、容器に移してできあがりです♡

 

f:id:ponchan-club:20200808232418j:plain

 

 

 

こんなんできました!

 

f:id:ponchan-club:20200808232400j:plain

 

ブルーベリー約1キロで、こんなにジャムができました(↑)。

 

反省点としては、ちょっと煮詰めすぎて、硬めになってしまったこと。

もうすこし手前で火を止めておけばよかったです。

 

お鍋にこびりついていたジャムは、お湯で溶かしてシロップとして楽しめます。

ヨーグルトにかけると美味しいですよ♡

 

f:id:ponchan-club:20200809010036j:plain

 

 特殊な技術一切不要の簡単ジャム。

 

夏場に作るのに必要なのは、加熱している間、暑さに耐える根性だけです。

今回は、子供とかわりばんこにお鍋をかき回していたので、ちょっと楽だったかな(^^)

 

ジャムは簡単に出来上がったものが手に入りますが、自分で作ったものは美味しさもひとしお。

是非、ジャムによさげな果物があればチャレンジしてみてください♡

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!