シングル&ワーキングママのぽんちゃん日記

シングル、ワーキングママの情報発信ブログ。日々の生活、中学受験や資格取得のお話しなど。

【ノーラッドサンタ追跡2019】NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)がレーダー、人工衛星、戦闘機を駆使してサンタを追跡!【NORAD Santa Tracker】

12月に入り、クリスマス・イルミネーションもあちらこちらで見かけるようになりました。

いよいよクリスマスですね♡

 

今回は、そんなクリスマス・シーズン恒例の、サンタクロース追跡サイトのご紹介です!

 

米軍とカナダ軍が共同運営する北米航空宇宙防衛司令部(Noeth America Aerospace Defense Command)が、65年前からサンタを追跡しているんです。

ジャット戦闘機やレーダー、人工衛星を駆使してサンタを追跡してくれますよ~(^^♪

 

サンタクロースは、日本時間の2019年12月24日午後4時ころ出発予定!

 

NORAD Stanta Trackerへの入り口はこちら♡

www.noradsanta.org

日本語を含む8か国語で表示できます。

 

 

アプリのご紹介はこちら♡

www.ponchan.blue

 

そして、サンタさんの追跡画面へのたどり着き方は、こちら!

www.ponchan.blue

 

【2019年12月27日追記】2019年のサンタさんの活動報告です♡

www.ponchan.blue

 

  

NORAD★これまでのサンタ追跡の様子

 

1955年から毎年、サンタの追跡を行っているNORAD(前身はCONAD)。

 

基地のスタッフが、サンタさんがプレゼントを詰めて出発したら、24時間体制でサンタを追跡してくれます。

 

画像引用元:Official Norad Santa Tracker

 

そして、基地勤務の軍人さんと、ボランティアの人たちが入り乱れて、「いま、サンタさんはどこ?」といった、世界中のキッズたちからの電話やメールでの問い合わせに答えてくれます♡

 

2018年のNORADの紹介動画はこちら♡ 53秒ほどです。

 

サンタさん、ロシア上空を通過中!

 

日本の上空を通過するとき、「富士山や新幹線のスピードから計算すると、サンタの速度は新幹線の100倍」といった、小ネタを披露してくれた時もあったようです(2006年らしいですが、わたしは残念ながらみていません(^^:))。

というか、毎年のようにチェックしているのですが、サンタさんが日本に来る頃まで、私も子供も起きていられたことはなかったんじゃないかな(^^;)。

 

サンタさんが出発してから、プレゼントを配った個数も画面に出てきます。

ものすごい勢いで配布済みプレゼントのカウンターが上がっていくのをみて、子供は大興奮してました(笑)。

 

 

NORADサンタトラッカーのホームページはこんな感じです✨

 

 

サンタさん関係のゲームがあり、Santa Claus is Coming to Townなどのクリスマスミュージックも聴けちゃいます。

 画像引用元:Official Norad Santa Tracker

 

カナダの領空内では、空軍のパイロットがサンタさんのエスコートをします。

 

毎年、名前と写真が発表されており、2019年もすでにエスコートパイロットの名前が発表されてました!

 NORADカナダの公報によると、今年のエスコートは、

Dave Moarさん、Craig Sharp さん、 Colin Marksさん 、 Yannick Jobin さんの4名。

 

残念ながら、今年の方々の写真は探しきれませんでしたので、過去のパイロットの人たちのお写真を掲載!

2016年のエスコートパイロットの方々です。 かっこいい♡Capt Frédéric Létourneau (kneeling) from 425 Tactical Fighter Squadron at 3 Wing Bagotville, Que., is one of the pilots who will escort Santa over North America in 2016. Cpl Steeven Cantin is his crew chief. Cpl Jean-Roch Chabot Photo

 画像引用元:RCAF Press Release, Dcember 13,2016 

 

 

サンタ追跡の歴史・それは間違い電話から始まった

 1955年から始まり、60周年も数年前に終えた、このNORADサンタ追跡

始まりは、一人の子供の間違い電話でした。

(以下はNORADのHPなどからの大雑把訳です。)

 

コロラドスプリングスにあるシアーズ(大手スーパー)が、子供向けにサンタクロース・ホットラインを開設して、電話番号をクリスマス広告に掲載しました。

しかし、その広告、肝心の番号がなんと間違えて印刷されていたんです。

間違えて印刷されていた番号は、NORADの前身のCONADの司令官のホットライン。

 

司令官のホットラインに、子供から電話がかかります。

 

当時オペレーションディレクターだった、Colnel Harry Shoup大佐は、子供からサンタについて問い合わせる電話がかかってきたとき、

「レーダーでチェックしたところ、サンタが北極から南に向かった形跡がある」

とユーモアたっぷりに答えたんですね。

 

広告に電話番号が記載されていたので、その後も次々に電話がかかります。

Shoup大佐は基地のスタッフに、「子供から電話がかかってきたら、最新のサンタの位置を伝えるよう」指示しました。

 

それ以降、この素敵な伝統が続いています♡

 

Shoup大佐はこんな人 /

 画像引用元:画像引用元:Official Norad Santa Tracker

 

大佐の横の画像は、問題の誤植があったシアーズのクリスマス広告です(^^;)。

 

 

おわりに

 わたしはNORADサンタ追跡(Santa Tracker)を、20年ほど前にアメリカにいたとき、テレビのニュースで見て知りました。

その時から、「わー、素敵な話だな~」とずっと心に残っていました。

とはいえ、すでに大人になっていたので、NORADのページは見ないで過ごしていました。

 

最初にニュースを見た時からだいぶんたって、子供が生まれて幼稚園になったときに(今は小5です)、ふとNORADのことを思い出し、以後、子供と一緒に毎年見ています。

正直言って、内容は毎年、さほど変わらないのですが(笑)、スタート時のエピソードを思い出し温かい気持ちになり、クリスマス気分も盛り上がります。

 子供も、特に小学校低学年までは、かなり食いついてみていましたね(笑)。

 

 NORADには、現地時間の夜遅くになっても、子供からの「今、サンタはどのあたりにいる?」との問い合わせの電話があり、スタッフは「早く寝ないとサンタは来ないよ」と説得するのに必死だそう。

 

最近は、Googleサンタ追跡をご覧になっている方も多いと思います。

私はGoogleの方は見たことはないのですが、NORADとサンタのスタート時間が違うようで、そこが、ちょっと気になるところです(笑)。

サンタさんは、複数いるのかな?

 

今回は、少し早めのクリスマスの話題でした♡

最後までお読みいただき、ありがとうございました!